WEB集客 WordPressの設定シリーズ

WordPressとGoogleサーチコンソールを簡単に連動する方法

googleサーチコンソール WEB集客

こんにちは。

川口でWordPress専門でWEB制作をおこなっています、Toshi Seitoです。

今回はWordPressを立ち上げて公開した後に、Googleアナリティクスの設定のあとにGoogleサーチコンソールと連動する方法をご説明します。

このGoogleサーチコンソールとWordPressを連動する前にGoogleアナリティクスをWordPressに先に組み込んで置くとサーチコンソールの連動が簡単になりますので、まだGoogleアナリティクスの設定が終わっていない方は次の記事を読みながら設定した後にこちらの記事を読む事をおすすめします。

【2021年最新版】WordPressにGoogleアナリティクスを導入する方法
こんにちは! 埼玉県川口市でWEB制作を行っています テダスクのToshiです。 2020年の10月頃にGoogleアナリティクスのバージョンが上がりました。 今まで使っていた人はバージョンが上がったことで、...

Googleサーチコンソールとは?

そもそもGoogleサーチコンソールとはなんでしょうか。

Googleサーチコンソールの主な役割と使い方は

  • インデックスを促す(サイトマップの送信)
  • サイトで発生しているエラーをGoogleから受け取る
  • 検索キーワードの確認
  • ドメイン変更の時に新しいドメインにサイトのスコアを引き継ぐことができる

といった感じです。

この記事では個々の役割については説明しませんが、公開したWEBサイトが健全にインデックスされているかを監視してくれるツールと考えてください。

 

Googleサーチコンソールと連動する方法

それでは早速サーチコンソールの登録方法を説明します。

googleサーチコンソール

はじめてGoogleサーチコンソールにアクセスするとこういった画面が表示されますので、「今すぐ開始」をクリックします。

このGoogleサーチコンソールは全て無料で利用できます。

googleサーチコンソール

Googleアカウントにログインします。

googleサーチコンソール

ログインに成功すると、サーチコンソールの管理画面に入ります。

画像ではモザイクが掛かっていますが、初めて登録する方はここは何も書いていないはずで、下の方にある「プロパティを追加」をクリックします。

googleサーチコンソール

プロパティタイプという画面が表示されたら、一般的なホームページであれば、右側の「URLプレフィックス」にホームページのURLを全て入力して、「続行」をクリックします。

googleサーチコンソール

googleサーチコンソール

そうすると、こんな表示になると思います。

赤枠を確認すると、左上の「確認方法」というところにGoogle Analyticsと書いてあるのが分かります。
これは、今Googleサーチコンソールに登録しようとしているウェブサイトにGoogleアナリティクスが導入されていることで、同じGoogleアカウントの所有しているホームページであり、Googleサーチコンソールも同じ所有者ということで確認が取れたことを示しています。

もし、このようにGoogle Analyticsで確認が取れなかった場合は別の方法で所有権を確認するという画面が出てきますが、それはGoogle Analyticsがホームページにちゃんと設定できていないということですので、Googleアナリティクスの設定をもう一度見直しましょう。

googleサーチコンソール

実はこれで、サーチコンソールとの連動は完了です。

Googleアナリティクスを設定しているとこんな簡単に連動が完了します。

Googleサーチコンソールでサイトマップの送信

Googleサーチコンソールを設定したら、次にサイトマップの送信まで行ってしまいましょう。

サイトマップとは、Googleがそのサイトにどんなページで構成されているかを知るための仕組みでxmlファイルで通常はホームページから送信します。

今回は登録したばかりのホームページなので、先ずは存在を知ってもらうために仮で送信します。

googleサーチコンソール

左メニューの「サイトマップ」というメニューをクリックします。

googleサーチコンソール

サイトマップのページになったら、「sitemap.xml」と入力して「送信」をクリックします。

このsitemap.xmlというのは、WordPressのプラグインAll in one SEO Packで設定したときにサイトマップというのを生成します。

そのサイトマップファイルがsitemap.xmlというファイル名で生成されるので、それをここで指定しています。

googleサーチコンソール

googleサーチコンソール

サイトマップが送信されましたと表示されるので、「OK」をクリックします。

 

googleサーチコンソールすると、送信されたサイトマップのページで、「取得できませんでした」と 赤く表示されます。

ですが、これでとりあえずは大丈夫です。

先程も説明しましたが、とりあえずここでは仮の送信だけしておいて、今後WordPressの方でブログ記事の更新やページの更新時にWordPress側で都度サイトマップの送信を行いますので、その後のこのステータスが更新されますので、ご安心ください。

まとめ

以上が、GoogleサーチコンソールとWordPressを連動する方法になります。

Googleサーチコンソールで連動するときには、GoogleアナリティクスをWordPressに設定した後に登録した方が所有権の確認がとても楽ですので、Googleアナリティクスの設定は忘れないようにして下さいね。

 

もしこの記事をみてもGoogleサーチコンソールの設定が上手くいかないという人は、1時間レクチャーも行っていますので、お気軽にご相談ください。

WordPressマンツーマンレクチャーサービス
WordPressで書きたいブログが決まり、さてブログを立ち上げようと意気込んだのは良いけど、WordPressは意外と立ち上げから全ての設定を終わらせるまでのプロセスが初心者には難しく感じ、中には挫折してしまった方も少なくないと思います。...

 

以上「WordPressとGoogleサーチコンソールと連動する方法」でした!

関連記事

【2021年最新版】WordPressにGoogleアナリティクスを導入する方法
こんにちは! 埼玉県川口市でWEB制作を行っています テダスクのToshiです。 2020年の10月頃にGoogleアナリティクスのバージョンが上がりました。 今まで使っていた人はバージョンが上がったことで、...

いいね!をしてWordPressの
お役立ち情報を受け取る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました