プラグイン

【プラグイン】UpdraftPlusのインストールから設定方法まで解説します。

UpdraftPlus プラグイン

こんにちは。

川口でWordPress専門に取り扱っているテダスクのSeitoです。

みんなさんは、WordPressのバックアップはしっかり取っていますか?

WordPressのバックアップを取っていないと、何か問題が起きたときに元に戻せなくなり、大切なウェブサイトが台無しになってしまいます。

テダスクでは更新作業を行う前や、定期的なバックアップをおすすめしています。

もしまだ設定していない方は今すぐ、設定しましょう。

 

今回はWordPressのバックアッププラグインとしてとても人気のプラグイン、UpdraftPlusのインストールから設定まで解説していきたいと思います。

UpdraftPlusとは?

UpdraftPlusはWordPressのバックアッププラグインです。

WordPressのバックアッププラグインはいくつかあります。

私自身はバックアップにBackWPUpというバックアッププラグインを使っています。

 

それなのに何故、UpdraftPlusをおすすめするかというと、何かトラブルが発生した場合に、バックアップから復元するための作業が非常に簡単だからです。

BackWPUpは、WordPress本体とデータベースをそのままの構成でバックアップをとるため、確実なバックアップと言えます。

それに対して、UpdraftPlusはプラグイン専用のファイルを作ってバックアップを取るため、ファイルだけでは復元は出来ないのです。

その違いです。

ちょっと言葉だと難しいですね。

 

でも、そのリスクがあってもすぐに復元できるというメリットは非常に大きいため一般的にはUpdraftPlusをおすすめしています。

 

バックアップを取るタイミングって?

冒頭でもバックアップのタイミングに少し触れましたが、バックアップするタイミングは2パーターンで、定期バックアップ更新作業前のバックアップです。

定期バックアップ

サイトの運用や編集作業を行う際には起こりうるトラブルに対して常に備えておく必要があります。

何もしていないのにデータが飛んでしまう様な不慮の事故や、編集してはいけない箇所を間違って編集してしまうなど、様々なトラブルが考えられます。

備えの一つとしておすすめなのが定期的なバックアップです。

WordPressやプラグイン、テーマのアップデートを行う前

WordPressのバージョンアップ、テーマのアップデートをする場合になぜバックアップが必要なのか?というと、WordPressのバージョンアップやテーマのアップデートを行う際に、仕様や機能の大きな変更が追加されると、今まで利用できたプラグインやテーマが使用できなくなってしまう可能性があるからです。

その為、アップデートを行う前に必ずバックアップを取っておくと、何か不具合に気付いた際に元に戻すことができるので安心です。

UpdraftPlusのインストール・有効化

それでは、UpdraftPlusのインストール・有効化を行っていきましょう。

【1】「プラグイン」→「新規追加」

 

【2】「UpdraftPlus」でキーワード検索すると該当するプラグインが表示される。「今すぐインストール」をクリック。

※[注意]以下の画像ではすでにインストールしている為「今すぐインストール」ではなく「有効」という表示になっている。インストールしていない場合には「今すぐインストール」と表示されている。

 

【3】インストール中……

 

【4】インストールできたら「有効化」を忘れずに。

 

UpdraftPlusの設定方法

インストール・有効化ができたら次はUpdraftPlusの設定をしていきます。

【1】設定は、「プラグイン」→「UpdraftPlus」から行う。

記事を頻繁に更新する人の場合

記事を頻繁に更新する人の場合には「毎日」がおすすめ。

【1】「設定」をクリック

 

【2】プルダウンメニューからアップデートの間隔を選択できる。「毎日」を選択。

 

【3】バックアップを保存しておく数ですが、画面では3としていますが、サーバーの容量に余裕があれば2週間~1ヵ月程度は取っておくと安心です。

記事は月に2,3記事程度更新の場合

<<週1回夜中に自動バックアップの設定>>

【1】プルダウンメニューから「毎週」を選択する。

※夜中などの「時間の指定を行いたい場合には、UpdraftPlusプレミアムをインストールする。

【2】バックアップを保存しておく数は、大体3ヵ月くらまであると安心です。

復元方法

【1】「プラグイン」→「設定」をクリック。

 

【2】戻したい日付のバックアップの「復元」をクリック。

updraftplus

 

 

【3】そうするとダイアローグが表示されますので、すべてにチェックを入れて「復元」をクリックします。

理由があって、個別に復元したい場合は必要な項目だけチェックを入れて復元をします。

ただ基本的にはデータベースとWordPress本体の情報は一致している必要があるため、すべてをチェック入れることをおすすめします。

updraftplus

 

【4】このまま続けるので「復元」をクリック。

 

【5】以下の様な画面になるので、「完了」が表示されるまでそのまま閉じずに待つ。「Restore Successful!」が表示されたら完了。

 

【6】プラグイン画面に戻ると「バックアップが復元されました」と表示される。

 

まとめ

以上で、UpdraftPlusのインストールからバックアップ、復元までやり方でした。

今回紹介したUpdraftPlusはバックアップと復元がとてもシンプルで出来るためおすすめのバックアッププラグインです。

自分のサイトを守るために、バックアップの習慣を付けましょう!

以上、「【プラグイン】UpdraftPlusのインストールから設定方法まで解説します。」でした!

 

 

いいね!をしてWordPressの
お役立ち情報を受け取る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました