ウェブサイトを制作する目的とサイト設計

こんにちは!

埼玉県のWordPress専門でホームページ制作を行っているテダスクです!

テダスクでは、ウェブサイトを制作する目的をしっかりヒアリングし、目的に合ったホームページ制作を行っています。

ウェブサイトを作る目的は大きくこの4つに別けられると思っています。

  • 集客重視のウェブサイト
  • 名刺代わりのウェブサイト
  • 1ページ物のウェブサイト
  • 広告用のウェブサイト(LP)

この4つの目的別に例を上げてご説明致します。

 

集客重視のウェブサイト

WordPress専門

集客重視のウェブサイトは、ホームページで集客を目的としたホームページの事を言います。

集客を目的としたウェブサイトは例えば次の業種のサイトが上げられます。

  1. 士業系の方のホームページ
  2. 不動産系のホームページ
  3. 整体院や鍼灸院などのホームページ
  4. 個人事業系サービスのホームページ
  5. サークルやNPOなどのホームページ

などが該当します。

これらの業種にはそれぞれ宣伝用のプラットフォームは存在していますが、コンテンツマーケティング戦略を行う事で充分ホームページで集客が可能になります。

また、これらのサイトのゴールは、お問合せなので、トップページにサービス案内やお問合せをもらう為の訴求が大事になります。

どちらかというと、デザイン性よりも見やすさを重視します。

当事務所では最も得意としたWordPressによるホームページ制作です。

 

名刺代わりのウェブサイト

WordPress専門制作

名刺代わりのウェブサイトとは、ホームページで特にSEO対策は行わないウェブサイトを言います。

名刺代わりのサイトとしてよくご依頼があるのは次に上げる業種です。

  1. 飲食店おホームページ
  2. ヘアサロンのホームページ
  3. エステサロンのホームページ
  4. 個人のポートフォリオ用ホームページ

この1番~3番をみると共通しているのが、大手の口コミサイトや大手の広告プラットフォームサイト(予約サイト)を利用している場合が多いのが特徴です。

こういった業種の場合、例えお店の名前や店舗の名前で検索しても1位になるのは難しく、また同時に予約する機能があるプラットフォームを一般的に利用するため、WEB集客に力を入れる事はあまりありません。

そう言った理由から、SEO対策などは行う事は少なく、サイトのデザインも拘ったデザインのウェブサイトになる傾向があります。

 

1ページ物のウェブサイト

WordPressワンページ

1ページ物のウェブサイトとは、会社の事や、サービス内容を1ページで伝えるシンプルなウェブサイトです。

名刺代わりのウェブサイトと同様にSEO対策は行わないのが一般的です。

WordPressでも1ページもののテーマを制作することは可能です。

シンプルだけどおしゃれでモダンなウェブサイトサイトになります。

 

広告用のウェブサイト(LP)

広告用のウェブサイト(LP)とは、1ページもののウェブサイトと同じですが、どちらかというと販売したい商品やサービスを紹介して、購入まで訴求するウェブサイトを言います。

LPはLanding Pageの略で、サービスや商品を全面的に紹介するページで、リスティング広告やディスプレイネットワークによる広告を前提として制作する広告ページです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました