Google

構造化データマークアップ

【リッチリザルト対応】構造化データのマークアップの書き方・実装方法(求人情報編)

前々回はローカルビジネス、前回は企業ロゴの書き方と実装方法を書いてきましたが、今回はリッチリザルト対応でも求人情報のリッチリザルト対応の書き方を説明していきたいと思います。求人情報のリッチリザルトはこんな感じで検索結果に表示されることがあります。検索クエリで「仕事名+求人」という検索をすると、上の画像のような結果が表示されます。
構造化データマークアップ

【リッチリザルト対応】構造化データのマークアップの書き方・実装方法(企業ロゴ編)

今回はリッチリザルト対応でも企業ロゴを設定する方法を説明します。このロゴはいわゆる指名検索(企業名、会社名を検索すること)の場合に、企業ロゴを検索結果に表示させるための構造化データになります。
構造化データマークアップ

【リッチリザルト対応】構造化データのマークアップの書き方・実装方法(ローカルビジネス編)

今回は、お客様からよくご依頼をいただくリッチリザルト対応について実装方法を書こうと思います。リッチリザルトとは、Google検索時に標準で表示される「タイトル」「説明文」の他に、パンくずリストや更新情報などを表示させるGoogle検索機能の事を言います。例えば下のような検索結果です。